本の山 〜お薦めの本、山積みに〜

今日か明日、書店に行きたくなる書評

富豪の人妻と年下でイケメンでマザコンな若い外車セールスマンの恋、どうなる?

【書評】若いセールスマンの戀 [著]舟橋聖一
戦後間もない昭和29年頃、外車のセールスマンで23歳の雪雄は、同僚と共に赴いた得意先の資産家・滋本家の由香子夫人に一目ぼれする。主人が不在のため夫人を外車に乗せ、同僚の運転で試乗させる。屋敷に帰着後、夫人は雪雄にささやく。

「雪雄さんだつて、免状はもつていらツしやるンでせう」
「えゝ、無論」
「この次ぎは、あなたに運転して貰ふわ」
と、夫人は田毎(=同僚)にきこえないやうにこつそり言つた。高価な香料の香りが、柔く雪雄の鼻に触れた。

んー、舟橋作品らしい艶(なま)めかしい展開。古風で上品なセリフ。舟橋は積極的で色っぽい女性をよく描く。主役の男はたいがいモテる。年上女性と若い男の恋も舟橋が好むテーマである。

由香子夫人の希望で、後日雪雄と2人での試乗となる。雪雄はためらいつつも、駅で夫を拾い3人で箱根のホテルに泊まるという夫人に従うが、滋本は現れない。妻以外の女性同伴だったのだ。それを目撃した夫人、そのまま雪雄と二人で箱根のホテルに泊まると言い出す。別々の部屋を取ってはいたものの、結局2人は一夜を共にする。

程なく2人の関係に感づいた滋本は妻への束縛と監視を強める。2人は電話もままならない。そんな中、由香子夫人が妊娠。夫の子と確信した彼女はひそかに中絶するが、これを知った滋本は雪雄との子に違いないと考え、雪雄の勤務先に圧力をかけ彼を退職に追い込む。東京を離れる雪雄に由香子夫人は同伴を願い出る。さて、待ち合わせ時刻に由香子夫人は現れるのだろうか。

2人の恋と並行して展開されるのは、雪雄と母・千鶴との関係。雪雄は40過ぎの未亡人である母に親子愛を超えた近親相姦的な感情を抱くが、母を神聖化する気持ちがそれを押しとどめている。しかし母・千鶴はある男性と深い仲になる。たまたま実家でこの男性に遭遇した雪雄は動揺のあまり男性をボコボコにする。人妻を奪おうとして、母を奪われた雪雄はどうなるのか、由香子夫人との待ち合わせ場面に向かってドラマは収斂していく。

舟橋が描く人物は、ものごとを理性的に考えた挙句、抑えきれない恋愛や嫉妬といった感性に動かされ、結局成り行きに身を任せることが多い。由香子夫人が雪雄を試乗という名のドライブに誘ったのも、それに雪雄が従ったのも成り行きである。彼は日本の古く面倒な人間関係の中に、男女の健気で儚い成り行きを描く。

現在、新刊書店で入手できる舟橋作品は限られている。この作品も図書館か古書店・古書サイトでしか入手できないだろう。手元の本書は昭和31年1月発行の角川小説新書の初版、定価百円。(鉄)

f:id:tetsuzan16:20190707152747p:plain





 

「クリエイティビティ+鉄道愛」が生んだ刑法学の入門書、出現。

どこでも刑法 #総論

どこでも刑法 #総論

【書評】『どこでも刑法#総論』[著]和田俊憲
刑法学は「ある人が誰かの利益を害したとして、そこに犯罪が成立するかどうかを扱う」(p.ⅳ)学問である。明治以降今日までの間日本の刑法学は壮大で複雑な体系を築きあげてきた。

そんな刑法学に、クリエイティビティにあふれる型破りで画期的な入門書が登場した。『どこでも刑法#総論』というタイトルもこの分野では異色で、新境地開拓の意欲が現れる。B6189頁とコンパクトサイズで持ち運びも便利。私は神戸・六甲山へのトレッキングに連れて行った。山上で急な雨に見舞われ、本の下端がよれよれになったが、災難を共にし本書への愛着が深まった。

はしがきの1ページ目は電車の切符を模し、そこに次の記述がある。

第一歩を踏み出す前に

どこでも → 刑法(総論)
購入日から改訂版発売日までに限り有効
途中下車・引き返し可(必要に応じて他の文献にあたったり、前の箇所を参照しながら読み進めましょう)

著者の和田教授の鉄道マニアぶりは有名で、鉄道とは関係のない本書でも鉄道愛が炸裂している。あとがきと索引以外の全ページに線路や電車・汽車のイラストがあり、各章1頁読み進むごとに電車が1駅ずつ進んでいく凝りよう。読み進めるうちに電車が終点に近づいていくのが励みになる。

以上のように初学者向けの楽しい企画が満載の本書だが内容は確かで、高度である。刑法学の教科書の伝統的な構成を解体し、教育に配慮した流れ。「一巡目」の部で全体を概観したうえで「二巡目」では先の論点を深めつつ新たな論点を足す構成も斬新だ。従来の教科書ではなかなか捉えにくい、思考の道筋が丁寧に示されているので、学説の森で遭難し、結局結論を出せない弊害に陥ることなく進めそう。個人的には正当防衛を巡る解説が大変勉強になった。正当防衛は、防衛行為の目的や反撃の手段、防衛行為の結果の取扱いを巡り、いまだに議論の続く分野である。本書はそれらをエレガントに整理し、きっちり考え方の道筋を示してくれる。刑法を大学で学ぶ学生の皆さんは、本書を読んだほうが絶対に得である。刑法を勉強した人には頭の体操になるし、何より楽しい。刑法学に興味がわいた方も良かったらチャレンジしてみてください。(鉄)

(書評は以上です。以下は個人的な話です。)
刑法学は、私の学生時代のすべてとまでは言わないが、それに近い存在だった。そのエキサイティングで難解な世界を手中に収め、将来の仕事にしたいと勉強したが、叶わなかった。刑法学はこちらの思いを知ってか知らずか、高い場所から時々こちらを見ている。まるで片思い相手の女の子のようであった。刑法と無関係な仕事に就き、しばらくは未練があったが、そのうち刑法学や法律学全体が憎らしくなった(さか恨みだ)。しかしここ数年、心境にも変化があり刑法学への興味が戻ってきた。長らくご無沙汰していた間に刑法学は確実に進んでいた。新理論が登場し、かつての亜説が通説になっている。やっぱり刑法学は素晴らしい。片思い相手の女の子を十数年ぶりに見かけたら、すごく都会的で綺麗になっていた感じだ。切ないけどうれしい。うれしいけど切ない。

(2019年10月刊、有斐閣、1,800円+税)

【書評】スナックの言語学 距離感の調節[著]中田梓音

スナックの言語学: 距離感の調節

スナックの言語学: 距離感の調節

研究者にしてスナック女子(スナ女)の著者が、スナックのママの「『痒いところに手が届く』接客の技術」を言語学の観点から解明しようとする異色の研究である。そのために著者は京都市内のスナック3軒を中心に5年間にわたるフィールドワークを実施。ときに客として、またときには皿洗いの従業員に扮し、ママと男性客の会話を聞き、分析と考察を深めたという。

1章はスナックの歴史や先行研究への批判的検討。抽象的で難解な箇所もあるが、ざっと概要がわかれば十分だろう。スナックが家庭的な雰囲気の飲酒の場として発展してきた過程が興味深い。

24章は、3軒のスナックのママ達と男性客の会話分析。とはいえテキスト化されたやり取りを見ると、ママの飼い猫がどうしたとか、今日は暑いけど風があるからましとか、他愛もない会話ばかり。しかしここから著者はママ達に共通する次のような接客技術を見出す。

・丁寧体から途中で普通体に変化させることで、親密さを表出。
・ユーモアに誘われたら乗っかり、面白い話でなくとも笑い声で答える。
・他者や客を卑下するユーモアは出し方やタイミングに注意しつつ出せば有効。
・ママ自身の婚姻・恋愛・家族の情報は秘匿し、男女関係への客の夢を損なわない。

なるほど。でも、正直あまり意外性を感じなかった。経験知を立証したことに意義があると理解すべきなのだろうか?

しかし、第5章で状況は変わる。ここでは仮設のスナックを設け、スナックのママの実務経験がない著者自身がママを務める。そして先のプロママの会話技術を使えば素人ママ(著者)にも客にスナックらしい親密さや満足感を与えられるか実験するという。会話技術(だけ)で客の心理や場の雰囲気にどの程度予期した影響を与えられるかを調べようというのだ。そうか、これがしたかったのかと納得。

結果的には会話技術が奏功した場面と、そうでなかった場面があったようだ。何が効いて何が効かなったのか、その理由も含めてかなり丁寧に分析されている。例えば、本物ママは客に結婚歴を明かさなくて普通なのに、著者はその点を秘匿して客にマイナスの印象を持たれている。この点、自身にママの「貫禄」がないのが理由だろうとする。貫禄。確かにスナックのママは客にサービスしながら、どこか客を含めたその空間の頂点に君臨する雰囲気の人がいる。おじさんらの話を慈悲深く聞く菩薩みたいな人もいる。

いずれにしても本書は、言語学に興味ある人には少し奇抜な研究フィールドであるという知的刺激になるだろう。スナックが好きとか興味のあるという人には、そこで繰り広げられる会話の中に潜む様々な技術と、接客者・客双方の思いを感じることができるだろう。なお、私には行きつけのスナックはなく、上の人のお付き合いで行く程度だ。ただ本書を読んでいると、何というか、気軽に行ける店があってもいいと思ってしまった。そういう歳になったということか。(鉄)

【書評】南の島のよくカニ食う旧石器人[著]藤田祐樹

南の島のよくカニ食う旧石器人 (岩波科学ライブラリー)

南の島のよくカニ食う旧石器人 (岩波科学ライブラリー)

11月も中盤。国内旅行のパンフレットがカニツアー色の赤に染まる。秋の風物詩である。しかし、そもそも秋や冬に好んでカニを食べる文化はいつ始まったのだろう。本書は、3万年前の旧石器時代にも秋にカニを食べる習慣があった可能性を指摘する。沖縄の遺跡から大量に発掘されたカニの多くが、秋に採取されたものであると突き止めたのである。

本書は、旧石器人と生活の跡を追い求め、沖縄の鍾乳洞であるサキタリ洞を調査した記録である。世界的に重要な発見や、泥だらけで涙ぐましい裏話に加えて、出土品の分析を踏まえた3万年前の人びとの暮らしを「見てきたんか!」とツッコみたくなるような妙にリアリティのある表現で語る(旧石器人親子の会話まで再現を試みている)。

発掘作業によって3万年前の幼児の人骨、貝殻で作られた当時の釣り針や装飾品、絶滅したリュウキュウジカの骨などが大発見されている。掲載された写真からは本当に綺麗な形が保たれていることが見て取れる。そうした出土品を傷つけないよう、竹串でちょっとずつ土を掘るという。発掘とは地道な作業であることが分かる。

全体的に旧石器人の食生活に関する考察が厚い。それぞれ1万点以上のモクズガニ(食用の淡水カニ)やカワニナ(タニシ似の淡水貝)の他、ネズミ、コウモリ、カエル、ヘビ、トカゲなどの骨も多数出土、著者はいずれも旧石器人が食べたものと推測する。これを厳しい生存環境とみるか、豊かな食生活とみるか。著者は後者の見方をしている。年中獲れるはずのカニを、美味しくなる秋まで待って食べる余裕があったという見方だ。本件調査は現在も続いているようで、今後の発見が楽しみになる。

旧石器時代といえば『はじめ人間ギャートルズ』というアニメがあった。主人公の少年ゴンは家族と洞窟に住み、石斧を担ぎ、マンモスを追いかけながら楽しそうに生きていた。さすがにあそこまでではないにしろ、沖縄の洞窟にいた旧石器人たちも、著者が想像するように、案外穏やかな人生を過ごしていたのかも知れない。その辺り気になってきた方は、一度本書を手に取っていただければと思う。最後に、『ギャートルズ』のエンディング曲『やつらの足音のバラード』は名曲である。(鉄)

(2019年8月、岩波書店、1,300円+税)

昭和陸軍きっての逸材、永田鉄山は令和の世にも本になる。さすが。

永田鉄山と昭和陸軍 (祥伝社新書)

永田鉄山と昭和陸軍 (祥伝社新書)

【書評】永田鉄山と昭和陸軍[著]岩井秀一郎(2019年7月、祥伝社
昭和101935)年812日午前945分、東京は陸軍省軍務局長室で事件は起きた。「永田の前に永田なく、永田の後に永田なし」といわれ、昭和陸軍きっての逸材と評された永田鉄山軍務局長(少将、のち中将)が、乱入してきた相沢三郎中佐に日本刀で斬殺されたのだ。享年51歳。日本史の教科書は軽く触れる程度だが、当時はここ関西の地方紙さえ一面で採り上げる大事件だった。

永田中将を扱う書籍の列に、今夏、本書が加わった。類書に比べてコンパクトながら、事件の遠因となった陸軍内部の派閥的抗争を中心に分かりやすく、かつ先行研究もふまえた記述。さらに遺族から提供された初公開の写真が幾枚も掲載され、永田鉄山ファンには感激である。

長野県諏訪に生まれ、医師であった父の死後東京へ移住、陸軍幼年学校から士官学校へという陸軍幹部候補生への道をトップクラスの成績で進む。頭がよく合理的、それでいて温厚な彼は、任官後、主に陸軍省本省で予算、政策、政治との調整を担う軍事官僚として要職を歴任。そんな軍事官僚に不満を持つ一部の青年将校らが反乱行為を起こすと、永田は軍紀をもって統制する立場となる。こうして「皇道派vs統制派」の争いが激化、永田を悪の根源と妄信する相沢が凶行に走った。本書では、事件に至るまでの動きを、やや派閥抗争を構図化しすぎでは?という部分はあるものの、無味な歴史的事実の羅列ではなく、人間の営みとして表現することに成功している。

永田は1年後輩の東条英機とよく比較される。「永田が生きていれば戦争は避けられたのではないか」ともいわれてきた。歴史にもしもは禁句、と誰も突き詰めなかったこの問いに答えを出すため、著者は1章をあて、こう結論する。

結果的には「かなり難しかった」と言わざるを得ない。ただし、開戦時期は先延ばしにされ、戦争の様相はかなり変わっていただろう。(p.207

 著者の推論に納得できる部分はあるが、やはり歴史の「もしも」に説得的な答えを出すのは難しい。例えば著者は、合理的な永田であれば補給線が届かないような戦線拡大はしなかっただろう(p.212)とするが、それが正しいかどうか、誰にも分からない。そもそも変数が多すぎるし、個人(例えば永田)の意思で作戦、ましてや開戦のいかんが決まるものでもないからである(その点は著者も認めている)。本書の帯には「戦争は止められたか?」と大書されている。商業的な理由はともかく、この探求自体が本当に本書の主題だとすれば、その部分に関する論考が十分とはいえないだろう。本書には別の価値がきちんと存在している。他の読者はこの章をどうお感じになるか聞いてみたいところ。

ただ、いずれにしても本書はおそらく令和初の「永田鉄山本」であり、彼の実績、能力、人生を十分に語っている好著である。永田鉄山を慕うあまり、ブログの筆名にお名前を(無断で)拝借している私からもお薦めの一冊である。(鉄)

【書評】夏みかん酢つぱしいまさら純潔など(鈴木しづ子句集、小出蘭太評伝)

夏みかん酢つぱしいまさら純潔など (河出文庫)

夏みかん酢つぱしいまさら純潔など (河出文庫)

失踪した伝説の女流俳人鈴木しづ子を追う

2冊目の句集『指環』出版記念会から半年後の1952年9月、女流俳人鈴木しづ子は消息を絶った。このとき33歳。彼女の作品には三角関係、性的表現、ダンサーの仕事を想起させる内容も含まれていた。戦後間もない頃のことで世間の目をひき、失踪には様々な噂も流れたという。

著者の川村蘭太氏がしず子を調べ始めた時点で既に失踪から約30年が経過、自らを多く語らなかった彼女の調査は難航する。そんな中、失踪前の1年2か月の間、彼女が師に送り続けた7千句以上の句稿を発見する。そこには彼女が自らの生い立ちや身辺の出来事、折々の心境を告白する句が含まれていた。

こうしてしず子を追いかける旅は、大量の俳句を分析と並行しながら進んでいく。俳句を読み解くことでヒストリーに迫っていく著者の手技は秀逸である。本書には2冊の句集のほか、多数の未公開作品をもう読み切れないくらい掲載。ドキュメント愛好家も、俳句愛好家も惹き込む一冊である。

著者は、1952年の失踪までのヒストリーをほぼ突き止めている。1919年東京神田に生まれ、女学校、製図専門学校を経て就職した工場での俳句部入部をきっかけに俳句結社『樹海』に加入、作品の発表をはじめる。婚約者の戦死、母の死、同僚との事実婚と離婚。その後、東京を離れダンサーに。駐留米軍兵ケリーとの同棲と別離。第二句集の発表、失踪。

戦後の混乱期とはいえ、大変な人生である。米兵ケリーとの生活を詠む句などは穏やかに輝いているものもあり、それだけに苦難の影が濃く見える。朝鮮戦線からの帰国を詠んだ句がある。

秋の葉に嬉しき泪こぼしけり  (p.257)

しかしケリーは戦線で重い薬物中毒になっていた。療養のためアメリカに帰国した彼の死亡をケリーの母から手紙で伝えられたようである。

急死なりと母なるひとの書乾く  (p.259)

 
著者の調査にも関わらず、1952年9月以降の足取りは判明していない。存命なら100歳。叶うのなら、彼女と一緒にお茶でも飲んで、できればお酒でも飲んで、人生の話をじっくり聞いてみたい(私なんかにはきっと話してくれないだろうけど)。読了後しばらくたつが、鈴木しづ子が頭から離れない。(鉄)

(2019年6月発行、鈴木しづ子句集、小出蘭太評伝、河出書房新社、840円+税)

住職のための情報誌『月刊住職』を読んでみた

月刊住職 2019 9―寺院住職実務情報誌

月刊住職 2019 9―寺院住職実務情報誌

『月刊住職』は寺院住職のための情報誌である。仏教書に独特の難解さはなく、住職ではない私でも楽しめる。記事の本数がとにかく多い。今回採り上げる2019年(仏紀2562年だそうだ)9月号では全200ページ中に40本近くある。中から興味深い記事をご紹介したい。以下の「」内は原文のままである。

「聞いて意味不明の漢文読経のままでいいのか」
力のこもったタイトルだ。意味がつかめない漢文の読経に人は苦痛を感じているのに、漫然と続けるのはおかしいのではという問題提起に、宗派を超えた11人の住職が見解を述べている。お葬式では日本語のお経を唱えますという住職あり、お経は唱えることに意味があり教義は他の手段で普及すべきですという住職もあり。どちらの言い分ももっともだ。

「お寺にとって最新最良の音響設備」
音響にこだわった本堂や設備を備えた住職が、音響に悩む住職に丁寧なアドバイスしている。檀家の高齢化などにより、音の聞こえ方や響き方への住職の関心が高まっているらしい。スピーカー、アンプ、ミキサーの選び方、費用の目安、音響施工業者への相談の仕方など専門技術的な内容。

 

「参道の公衆トイレの清掃も経費も寺院に課す行政問題」
有名霊場寺院の参道にある公衆トイレをめぐる揉めごとの現地レポート。市が建てたトイレを寺院が清掃・管理してきたが、30年たち色々問題が出てきているという。記事はやや住職寄りで、行政の積極関与を求めて締めくくられる。同様の問題を抱える観光地は他にもありそう。

法律相談「無断で御朱印が本に掲載されたり本堂がジグソーパズルにされたら」
寺院は著作権法違反を主張できるか、という『月刊住職』らしいお題。ちなみに御朱印のほうは「各寺院が工夫を凝らして書体を工夫」した「美術の著作物」とみなしうるが、本堂のジグソーパズルのほうは権利主張が難しいとのこと。

仏教の精神世界と、世俗的で現代的な紛争や問題。この両者が、どこか上手く溶け合わず違和感を残したまま表現されている、不思議な雑誌である。それこそが現代の仏教現場なのだろうか。いずれにしても、素人の私はその微妙な違和感が快感となり、次はどんな記事?次は?と、どんどん惹き込まれた。これは読むべき雑誌だ。今後、書店に行くたびに最新号をチェックすることになるだろう。そして時折購入してしまいそうである。(鉄)